読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鹿田焼 唐臼祭は癒やしと買い物の聖地だった

ラストにふさわしい秘境⁉︎

2015年5月3日

 

日田の街から山に逸れ、車で約30分。

ついに到着ーーー!

小鹿田焼の里』

f:id:miho-tabi:20170322191707j:image

たった2日間しか開催されない陶器市ということで、

11時頃の到着で、すでに駐車スペースは ほぼいっぱい。

(午後に入ると駐車待ちの列が出来てました。)

 

川の力を利用して、土を細かくしていく唐臼。

日本ではもう、ここ小鹿田にしかないそうです。

f:id:miho-tabi:20170322192227j:image

ギィ〜、ボスッ。ギィ〜、ボスッ。

なんとも心地の良い音が響き渡る。

というか、この空間には この音しかありません。

シンと澄んだ空気と、リズムを刻む優しい音。

のみ。

最高過ぎます!!!

 

買い物を楽しみに来たはずなのに、

忘れてしばし景色に見惚れて〜

f:id:miho-tabi:20170322193343j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322193429j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322193520j:image

 

 f:id:miho-tabi:20170322203236j:image

 

お腹すいたから、とりあえず焼きそば食べた。

 

やばい、選べなすぎる…

現在10軒の窯元さんがあり、

伝統の作風ながらも それぞれ個性があります。

f:id:miho-tabi:20170322194303j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322194340j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322194512j:image

 うろうろ…

f:id:miho-tabi:20170322194606j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322194821j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322194918j:image

 うろうろ…

f:id:miho-tabi:20170322194958j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322195107j:image

 

がーーー!どれにしようーーー!!!

 

大小さまざま使いやすい器

決めた。決めました。

おでんを食べるシーンを妄想して決めました。

 

まず黒木窯さんで

f:id:miho-tabi:20170322200007j:image

これ!

f:id:miho-tabi:20170322200156j:image

おでんを盛る。

そして取る。なセット。

f:id:miho-tabi:20170322200337j:image

 

続いて坂本窯さんでは

f:id:miho-tabi:20170322200615j:image

パスタチョイスを。

f:id:miho-tabi:20170322200737j:image

f:id:miho-tabi:20170322200830j:image

なんてステキな焼き色〜♡

 

そして柳瀬窯さんで

f:id:miho-tabi:20170322201143j:image

取り皿を。

f:id:miho-tabi:20170322201242j:image

 

ふぅ〜、大仕事だったぜぃ。

時計は15時。

4時間かかったか〜。

 

好みの作風を探し、

好みの飛びカンナ具合を見て、

好みの色の出を探せばこうなりますなぁ。

 

「あら素敵!」と、1番上に乗ってるのをパッと買う奥様がうらやましくもなってくる。

 

いやでも、本当に気に入った器が買えました!

 

東京に帰って、使って、しみじみ思うのは、大きさも深さも どんな料理にも対応できる懐の深い器だなぁ〜ってこと。民藝魂ですね。

 

名残惜しいけど、そろそろ行かねば。

 

日田の街を少しお散歩

噂どおりの古き佳き街並み。

カフェや食事処もたくさんあります。

f:id:miho-tabi:20170322204410j:image

 

f:id:miho-tabi:20170322204516j:image

 

お!赤司羊羹!

f:id:miho-tabi:20170322204137j:image

昔ながらの、糖分が周りにザクザク固まる羊羹。

母へのお土産に買いました♪

 

レンタカー返却前に郵便局へ!

 

小鹿田焼を11枚購入。

重過ぎる…

こんなんで飛行機おろか、東京の電車とか絶対乗りたくない。

 

送ろ。

 

久留米の郵便局を調べたら、ホテルから徒歩15分の距離。これは車で行かねば!

 

レンタカー、20時返却にしといて良かった〜

 

無事、1500円位で東京まで送れました。

 

久留米の夜は鯉のぼりが、、、

 

まるで仕入れかのような5日間を終え、

最後は久留米の街を楽しもうかと出てみれば、

なんじゃこりゃ!

f:id:miho-tabi:20170322211625j:image

泳いでる

f:id:miho-tabi:20170322211754j:image

あっちもこっちも

 f:id:miho-tabi:20170322211835j:image

泳いでるーーーー(笑)

 

九州人の感覚ってスゴく好きだわ〜♪

 

GW九州やきもの巡り1人旅だったけど、

出会うみなさん優しいし、おもしろかった!

ありがとうー!!!

また行くね〜*\(^o^)/*