読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鹿田焼の里に向かう途中みつけた『一ノ瀬焼』がステキ

九州やきもの巡り1人旅 5日目

 2015年5月3日

 

さぁ!いよいよ小鹿田焼の陶器市に向かうぞ!

 

と、足取り軽く、西鉄久留米駅近くからレンタカーで出発。

 

3〜40分一般道を走ったところで、

『陶器市』のノボリが道沿いにはためいてる。

今、9時ちょい。

寄ってみよう!

 

一ノ瀬焼??

街道を逸れて行くと「一ノ瀬焼」と書いてある。

知らないやきものだ…

 

車を止めて、スマホ検索。

どうやら久留米有馬藩の御用窯だったらしいが、一度途絶えたやきもの。

それを、うきは市長が『再興を!』と声を上げ、賛同した作家が各地から集まり構成しているらしい。

うむ、おもしろそう!

 

点在していて、地図も無かったので、行き着けた3軒を覗いてみた。確かに作風がいろいろ。

 

その中でも気に入ったのが『丸田窯

f:id:miho-tabi:20170321223422j:image

 

f:id:miho-tabi:20170321223514j:image

 

塩釉!塩釉!きれい〜!!!

 

この2点を買いました。

f:id:miho-tabi:20170321223641j:image

 

いきなり団子が よ〜映える♪

f:id:miho-tabi:20170321223810j:image

 

イイですね〜♪ 旅は出会いですね〜♪

 

丸田窯さんは、お嬢様も作陶しているようで、

塩釉以外の作品もたくさんありました。

見ていて楽しかった!

また行きたい窯元さんでした。

f:id:miho-tabi:20170321224523j:image

 

おっと!10時を過ぎちゃった!

小鹿田へ急がねば〜